令和3年度 第4回環境労務委員会

  • 2021年11月25日(木) 15:30~17:30
  • 日本印刷会館5階 東印工組会議室
  • 白橋副理事長、小島委員長ほか委員18名

活動報告の内容

■報告事項
(1)環境推進工場登録の普及推進            
 ①東京都講習会(10/6)の開催結果
  新規5 社8 名/更新9社9名の出席
 ②四国地区講習会(10/26)の開催結果
  新規11社14名の出席
 ③島根県講習会(11/2)の開催結果
  更新3 社7名の出席
 ④大阪府講習会(11/9)の開催結果
  更新2社3 名の出席
 ⑤第44回登録委員会(9/27)の開催結果
  更新2社2件を登録 ※全て北海道
 ⑥第45回登録委員会(10/25)の開催結果
  更新3 社3 件を登録 ※全て愛知県
(2) 「中小印刷業モデル就業規則2021」購入費用補助 ※本誌11頁参照


■第20回環境優良工場表彰への応募協力
 小島委員長および千本特別委員が、審査項目の多くは丸をつけるだけで簡単にチェックでき、自社の環境対応のチェックリストとしても活用できるので、各支部で広く周知してほしいと説明した。


■再生可能エネルギーへの取り組みについて
 小島委員長がサステイナブルな社会と業界を実現するためにカーボンニュートラル(脱炭素)に業界全体で取り組む必要がある旨を説明し、全印工連で新たに開始する「再生可能エネルギー業者の紹介事業」の概要を紹介した。


■「環境推進工場登録」制度紹介リーフレットの作成
 今まで「環境推進工場登録」制度を紹介するリーフレットがなかったので、今年度中に新たに作成する。

なお、作成は本認定を取得している委員の会社に依頼することとした。


■環境情報
(1)東京都の主な省エネルギー対策支援
(2)環境法令の改正
 ① 特定化学物質の環境への排出量の把握等及び管理の改善の促進に関する法律施行令の一部を改正する政令(令和5 年4月1日施行)
 ② 水質汚濁に係る環境基準の見直し(令和4年4月1日施行)
 ③ 大気汚染防止法施行令の一部を改正する政令の閣議決定について(令和4 年10月1日施行)
 ④「 排水基準を定める省令等の一部を改正する省令の一部を改正する省令」(令和3 年12月11日施行)


■労務情報
(1)雇用調整助成金等・休業支援金等について
(2)職場におけるハラスメント防止対策
 これまで努力義務であった「パワーハラスメント防止措置」が、2022年4月から中小企業においても義務化される。職場におけるパワーハラスメントとは、①優越的な関係を背景とした言動、②業務上必要かつ相当な範囲を超えたもの、③労働者の就業環境が害されるものを全て満たすものを指す。これらは、自ら雇用する労働者だけでなく、取引先など他社の労働者へのハラスメントも含まれるので注意してほしい。また、事業主は①就業規則の改訂など方針の明確化および労働者への周知・啓発、②相談窓口の設置および労働者への周知、③事後の迅速かつ適切な対応などの防止措置を必ず講じる必要がある。
(3)雇用保険マルチジョブホルダー制度の新設
(4) 男性の育児休業取得推進(イクメンプロジェクト)について

ページトップへスクロールします