令和2年度 第1回教育研修委員会

  • 2020年6月15日(木) 15:00~17:00
  • 日本印刷会館 2階会議室
  • 土屋所管副理事長、富澤委員長ほか委員18名

活動報告の内容

■委員会の運営体制等について

1.副委員長の委嘱

 富澤委員長が、木元哲也、岡本明各委員を副委員長に指名し、承認された。また、本委員会は2部会制での運営とし、人財育成部会を木元副委員長、経営者教育部会を岡本副委員長がそれぞれ部会長として担当することとした。

 

2.委員会開催スケジュール

 第2回 9月18日(金)、第3回以降 未定

 

■事業計画の具体的推進について

 各部会それぞれの事業の具体的推進について、富澤委員長が下記の通り説明し了承された。また、各部会への委員の振分けを決定した。

 

1.人財育成部会

(1)社員教育プログラムの実施

 「若手社員向け教育プログラム」「中堅社員向け教育プログラム」(令和2年度13講座中6講座開催延期、3講座開催中止)のメニューについて、講座の受講推進を図るとともに、令和3年度のプログラムメニューを検討する。

(2)制度教育事業の推進

 「印刷営業講座」をはじめとした制度教育の普及を図る。今年度は「印刷営業講座」「印刷営業士認定試験」を行う。

(3)技能検定「印刷職種(オフセット印刷作業)」「プリプレス職種(DTP作業)」への協力

 「オフセット印刷作業」については、新型コロナウイルス感染症に関する状況を踏まえ厚生労働省が開催中止とした。

 「DTP作業」については、1月に都立中央・城北職業能力開発センターにて実技試験を実施する。

(4)都立中央・城北職業能力開発センターとの連携

 ①「印刷系在職者向け技能講習会」の検討・開催

 ②就職合同面接会への協力

 

2.経営者教育部会

(1)「管理会計」による収益改善の啓発

 ①「情報の共有化」による収益改善の啓発

 ②「管理会計」の実践

 ③経営計画書による実績向上の達成

 昨年開催した「見える化」バスツアー見学会は昨今の情勢を踏まえ、本年は執り行わないこととし、代替企画を部会内で検討する。

(2)人財の確保・定着のための支援事業の周知

 「イーアイデム」の求人掲載特別プランについて、組合員への普及啓発を行う。また、都立中央・城北職業能力開発センターのインターンシップ制度や、民間・公的機関の雇用取り組み事業の活用も模索する。

(3)遠隔教育システムのコンテンツの普及と協力

 「V-CUBE」の活用とともに、委員会主催のセミナーをコンテンツとするなど、全印工連遠隔教育システムの普及に協力する。

(4)日本印刷個人情報保護体制認定制度(JPPS)の推進とセキュリティ関連ツールの情報提供

 JPPSの推進と制度拡充、セキュリティ関連ツール「マイウオッチャー」の周知を行う。

(5)全印工連特別ライセンスプログラム事業の周知と普及

 特別ライセンスプログラムの普及と、テクニカルセミナーを引き続き周知する。

ページトップへスクロールします