2021年9月度 青年会活動報告

  • 機関誌・東京の印刷9月号掲載

活動報告の内容

ACブロック合同移動定例会を終えて

東青協幹事/Aブロックリーダー 斎木 康平

 7月19日(月)にACブロック合同移動定例会「東青協画伯誕生!デッサン入門教室」を開催しました。
 講師には有名アパレルブランドに従事された経験のある空間デザイナー・グラフィックデザイナーの市川亜美先生をお招きし、日本印刷会館でリアルとZoomのハイブリッドで開催しました。
 AC両ブロックの有志と企画していく中で、開催日が新型コロナウイルスの緊急事態宣言下にあたる事になり一抹の不安を感じましたが、皆さんの協力と告知のお陰もあって総勢45名の参加がありました。内26 名は日本印刷会館のリアル参加になり、新型コロナウイルスの感染防止対策で席の間隔をあけたテーブルが埋まり、盛況のうちに行われました。
 デッサン教室は最初どう描いていくのか戸惑いつつも先生の説明どおりに描くことで、どんどん描写対象のリンゴが形成され、会終盤になると1時間のデッサンでこれだけ描けるようになったと喜びと驚きの声が聞けました。表現の仕方を覚えることは制作に携わる印刷人としていい機会になりました。先生も美人な方でお洒落な会だなと気分も高揚し、昨今若い方が「映え」を求めることが理解できます。
 今回Aブロックリーダーとして当会を設営させて頂き、改めて共同で活動する事で絆を深めるブロック活動の大切さを感じました。設営に携わったAC両ブロックの皆様、ご参加頂いた皆様にお礼申し上げます。

 

たくさんの協力で実現したACブロック合同移動定例会

東青協幹事/Cブロックリーダー 生駒 博之

 緊急事態宣言下、様々な制約のある中での開催を余儀なくされた今期の移動定例会。
 今期テーマ「よく学び よく遊べ」を実践するために果たして何ができるのか、ブロックリーダーとして不安な気持ちを抱えながら開催準備のためのZoom会議を重ねる中で、協力をしてくれる多くのAC両ブロックの各支部青年会有志メンバーの力強いサポートに大いに救われ、さらに皆の能力の高さを改めて実感し感動すら覚えました。さらに会場参加の人数の制限は?果たしてどれぐらいの方が実際に会場に来て頂けるのか?オンラインで参加を頂く方が増えることも考慮し、モニター越しでも興味を持って頂くには?などクリアしなければならない課題を想定しながら意見を持ち寄った末に、テーマを【デッサン入門教室】に決定し、講師としてデザイナーの市川亜美先生を迎えることと致しました。結果的に、会場26 名、Zoom19名の方々にご参加を頂きました。心より感謝申し上げます。
 手前味噌ではございますが、大成功のイベントだったのではと勝手に思っております。それもこれも、市川先生はじめ、Aブロックリーダーの斎木さん、NJC 小河原さん、ACブロックの有志メンバー、事務局の木村さん、準備から当日の設営に至るまで惜しみなくご協力くださったすべての皆様のおかげです。改めて御礼を申し上げます。ありがとうございました!

 

人と人とがつながって、地域密着なプリントスタンド

東青協副議長・(株)東京巧版社 村井 雄大

 こんにちは!足立支部YAP所属、村井雄大と書いて「ゆうた」と読みます。
 当社は1960年に創業し、私で三代目にあたります。昨年60周年を迎え、9月にプリントスタンドとしてリニューアルオープンしました。「印刷でまちがつながる」と言葉を掲げ、地域密着で相談できるプリント屋を目指しています。
 一般の方が紙の印刷の依頼をしたいなと思うことはなかなか少ないかも知れません。しかしTシャツとなると学生、カフェ、居酒屋、サークル、スポーツチーム、プレゼント、パーティ余興などニーズが少し増えるのではないかと考えます。店頭では対面でのご相談やご要望にお応えし、Tシャツの生地やサイズ感、色味を触って確かめて頂けます。そこからショップカードやポスター、コースターやタオル、バッグやマスクも作成できますよ!とご提案し印刷に繋げています。
 また、プリント屋という枠にとらわれずショップを使ったイベントやワークショップPOP UP STOREも開催しています。印刷の相談が無くてもフラッと気軽に立ち寄れるように雑貨やドリンク、調味料など思いもよらないような珍しい商品も販売予定です。北千住にお越しの際は是非お立ち寄り下さい。

 

企業と人のより良い関係づくりに貢献する

東青協常任議員・青樹印刷(株) 青木 允

 1928 年(昭和3 年)創業、日本橋茅場町で印刷業を営む弊社は、「企業と人のより良い関係づくりに貢献する」をコンセプトとして、顧客の販促支援を行っています。PODを活用した小ロット多パターンの販促商材で消費者の反応を探ったり、会員向け機関誌の中で双方向のやりとりでエンゲージメントを高める企画をしたり、事業拡大する介護福祉業の採用支援として高卒向けプロモーションをパンフレット・DMから動画制作、さらに採用後の教育までトータルで支援するなど、企業とひとの関係性づくりにこだわった仕事をしています。
 近年では、企業内の情報資産の有効活用として販売履歴を分析しての効果的なDM 提案や、Excelなどに分散していた顧客情報や販売情報を整理して業務管理システムの開発など、より経営に近いところに寄り添い、顧客とともに成長できるような会社でありたいと思っています。
 組合では、日本橋支部青年部に所属しておりまして、2016-17期に東青協議長、2018-19期に全青協議長と大変貴重な経験をさせていただきました。現在は、来年2月に開催されるPrintNext2022の運営委員長として、全国の青年印刷人の仲間とともに開催に向けて準備を進めているところです。青年会活動でいただいた東京および全国の仲間とのご縁が、社業の事業範囲を広げてくれて現在の業務が成り立っています。
 ご縁に感謝しながら。これからも社会に必要とされる企業を目指して精進してまいります。


※ 今期の青年会のページでは「自社紹介・自己紹介」をテーマに、東青協役員が中心となって自社の沿革や独自の取り組みを連載しております。

ページトップへスクロールします