第4回環境労務委員会

  • 2月19日(月)17:10~18:10
  • 富士フイルム グローバルグラフィックシステムズ㈱本社
  • 木村所管副理事長、池田委員長他委員14名、特別委員2名

活動報告の内容

■予算の執行状況

〈支出の部〉

科目

予算額

予測額

委員会運営費

340

370

事業費

1,320

930

1,660

1,300

 

〈収入の部〉

科目

予算額

予測額

研修会収入、

就業規則作成委託

540

0

ISO協力工組還付金

100

100

GPマーク工組還付金

130

140

環境推進工場事業

940

1450

GP/VOC警報器手数料

60

60

1,770

1,750

 

■東京都VOC排出削減対策推進事業の実施結果

(1)助成金対象事業の申請件数

・グリーンプリンティング認証:47社50事業所

・環境推進工場登録:3社3事業所

・CSR認定:2社2事業所

・VOC警報器購入:16社76台

 

(2)次年度の実施について

 助成制度の対象が都内に所在する事業所に限定されていたこと、事業実施期間が7ヶ月(8~2月)と短かったことによる周知不足などにより、利用者が見込みより大幅に減少したことから、次年度は東京都が効果を検証する期間とすることが決定した。

 

■環境推進工場登録事業の推進

1.登録委員会の開催結果

 第24回登録委員会(1/19)

 ・新規登録 4社4件(東京2社、石川1社、福岡1社)

 ・更新登録 17社17件(東京9社、千葉1社、奈良1社、大阪5社、兵庫1社)


■講習テキスト冊子作成の進捗状況

 寺田特別委員がこれまでの審査状況を参考に審査項目を見直す作業を行っているが、完成時期は未定となっている。ただし、コピー機によるテキスト作成に対応し切れていない他県工組から、セミナー開催準備作業の効率化を検討して欲しい旨の意見が寄せられており、現在使用しているテキストのデータを使い応急的に冊子化することとした。

 

■労務関連情報

(1)「副業・兼業の促進に関するガイドライン」Q&A

 厚生労働省が、下記3点について事例を交えたQ&Aを作成し、サイト上に掲載している。

①労働時間管理、②健康確保措置、③労災保険

(http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000192188.html)

 

(2)有期雇用労働者の離職理由の取扱い

 有期雇用契約が反復更新され通算5年を超えたとき、労働者の申出により無期労働契約に転換する「無期転換ルール」の施行に伴い、一定の要件に該当する場合に離職証明書に記載する離職理由の取扱いが変更される。 失業保険の給付内容に影響があり、適切な記載が求められる。

ページトップへスクロールします