東青協活動報告

  • 8月号
  •  

活動報告の内容

 

東青協6月度定例

東青協幹事 佐野 勝浩

 

 6月18日、日本印刷会館に於いて東青協6月度定例会が「我々印刷会社の未来についてのゼミナール」と題し、盛り沢山の三部構成で開催しました。

 第一部として元東青協議長でもある、瀬田章弘全印工連産業戦略デザイン室副委員長にご講演いただきました。内容として、お客様から見た印刷会社の姿と、実際に私達が出来ることのギャップがあり、印刷産業の活性化とPRを目的に全印工連で組織した実験的クリエイティブユニットが発表した「大喜利印刷」の説明と、その活動を通して今年アメリカで開催された展示会「サウス バイ サウスウエスト」に出展した際の現地での様子、海外から見た日本を話して頂きました。もう一つは過去から現在の自社の立ち位置の確認、そして中~長期の世の中の流れの中で、検討していかなければならない事をお話していただきました。さまざまな交流の中でも、同業との対比と交流がいかに重要かと思い直しました。

 第二部では東青協研修委員会主催で毎月勉強してきた「バランススコアカード」、「ランチェスター戦略」、「SWOT分析」、「アンゾフマトリクス」、「シェアマトリクス」それぞれの簡単な説明と取り纏めた報告を行いました。

 第三部では、今井議長より全青協のエンゲージメントを軸とした「ハイ・サービス」から「カスタマージャーニーマップ」というツールを勉強・活用し、顧客の理解およびサービスの改善図ろう。ということでカスタマージャーニーマップの説明をして頂きました。

 カスタマージャーニーマップが気になる方は10月12日に開催する「全青協関東甲信越静・東京ブロック協議会」にご参加ください。

 

 

中央会 関東甲信越静ブロック青年部講習会

東青協副議長 清水 省吾

 

 7月19日、GINZA SIXにて関東甲信越静ブロック中小企業青年中央会の青年部講習会(通称:関ブロ)が行われました。関東甲信越静11都県の青年部が集まり、今期は東京が10年に一度の幹事ということもあり、他県の皆様に楽しんで頂けるよう準備を重ねてきました。

 先ずは講習会が行われ、講演家の新井のぶき氏を迎え「ビジネスで勝ち続ける9つの術~勝つ準備にこだわれ~」と題して講演いただきました。大変パワフルな講演で、いつの間にか氏の世界観に引き込まれておりました。新井氏は、本来はプロギャンブラーなのですが様々な経験から導かれたビジネスにおける勝つ方法を伝授していただきました。準備はもちろん、仕事に対する姿勢やメンタル面など数ある講演の中でもベスト3に入る濃く大変勉強になる講演会でした。

 講演会のあとは、交流懇親会です。各都県の参加者が散けて座る中、様々な形で交流が弾み東京メンバーによるこの日限りのスペシャル演芸、またアイドルグループのライブで大いに盛り上がりました。中央会は異業種の集まりですが、印刷業だけとは違って色々な特徴を持った方がおられます。なので、同じような悩みを抱えていても、言っている事は様々で刺激にもなり、勉強にもなります。もちろん仕事にも繋がりますし、困った時に相談できる仲間が沢山できるのも中央会ならではでないでしょうか。一度自分の殻から一歩踏み出して、中央会に遊びにきてください。

 

Dブロック移動定例会

東青協議員 江東印刷青年会所属 河場 亮大

 

 7月18日、門前仲町にてDブロック移動定例会を開催しました。Dブロックは毎回、講師を呼ばず趣を変えて自分達で移動定例会を開催してきました。今回も同様に、懇親会スタイルでのビジネス交流会を実施。普段、名刺交換だけで終わってしまうのは勿体ない!もっと個人個人を知り、各々の仕事を理解すれば仕事に繋がるはず!をテーマとして堅苦しくならず、ラフなスタイルでの開催を実現しました。村井ブロック長が自らDJとなって、音楽が流れるなかスタート。Dブロックメンバーは、各々の趣味などの服装をし、参加者にリラックスした雰囲気を与えていたように感じました。参加者は、首から自ら記入したプロフィールシートをさげて食事をしながら色々な場所で交流がもたれておりました。会場外にはBBQエリアもあり、美味しいローストビーフも提供されておりました。またアトラクションとして、参加者がTシャツを持ってきて会場内で着て、Tシャツ自慢をするコンテストも実施し、そこでもTシャツを紹介した各自の人となりも知れたのではないかと思います。総勢70名という多くの皆様に御参加いただき、感謝申し上げるとともに、このDブロック移動定例会がきっかけで数多くの交流が広がり、皆様の仕事に結びつきお役に立てたら幸いです。

 

京橋支部 青年部の紹介

京橋支部印刷人青年会 会長 毎原 亮

 

 京橋支部印刷人青年会(京青会)の会長の毎原亮です。

 京橋支部と協力をしながら、青年印刷人として、印刷文化の向上発展に寄与し、会員相互の研鑽親睦を図る事を目的として、現在、定年50 歳までの14名で活動しています。

 基本的な活動といたしましては、月1回の定例会・年1回の総会・年4 ~5回の研修会・年4回の懇親会・年1回の研修旅行・2年に1回開催される中央区産業文化展(へそ展)への参加があります。研修会では、工場見学の他、講師の方を呼んでのセミナーや講習会、時には会員が講師になり得意分野について語っていただいたりしています。今年の研修旅行では石川県に行かせていただきました。パッケージ工場の見学、金箔の歴史文化の講習、現代アートの鑑賞と大変充実した2日間でした。

 京青会はおかげさまで本年6月8日に設立40年を迎えました。これもひとえに皆様方のご支援、ご配慮の賜物と深く感謝しております。つきましては日頃の感謝の気持ちを込めまして40周年記念行事を10月18日(金)に、アニヴェルセル豊洲にて開催させていただく事になりました。京青会らしく皆様の思い出に残る楽しい行事にしたく、現在会員一丸となって、準備をさせて頂いています。

 今後も京青会では、より楽しく、実りのある活動を行うことにより、会員の意識向上や親睦に繋げていければと思っています。

ページトップへスクロールします