東青協活動報告

  • 7月号
  •  

活動報告の内容

議長就任のご挨拶

(東青協議長 今井 孝治)

 

 6月16日に開催された新旧議員交歓会にてご承認頂き、東青協議長に就任しました、千代田支部所属 今井印刷㈱ 今井孝治と申します。東青協の長い歴史、輝かしくご活躍される先輩方の後を引き継ぎ、議長職を拝命することを大変光栄に存じます。

  改めまして、日頃より東青協活動に多大なるご支援を頂いていることに心より感謝申し上げます。前期は青木前議長のもと、「ひとづくり」をテーマに様々な活動を行ってまいりました。このテーマは青年会活動の根幹だと思いますので、基本的にはこの理念を受け継ぐ所存ですが、今期はいくつかの事項にフォーカスを当てて活動してまいります。

  まず一つ目は「“経営戦略”についてより深く勉強しよう」ということです。中小企業が今日の厳しく変化の激しい市場環境でどのように生き残っていくか、これまでとは違う戦略が求められていますが、その戦略をどのように立てれば良いのか、そもそも戦略とは何であるのか、その戦略をどのように活かせば良いのか、といったことをしっかり考え、互いに議論する場を設けます。また、この経営戦略を学ぶということは、自分の会社の経営のみならず、我々がソリューションプロバイダーとして発展を目指す上で必要な、より深い顧客理解にもつながっていくものです。

  二つ目は、「デザイン、アートや美意識、文化を学ぼう」ということです。一つ目のテーマである戦略の立案において、またそれ以外の様々なビジネス課題の解決において、デザインの手法が注目されています。そもそも、デザインは印刷業と極めて深いつながりがあり、これを学ぶことは現在の我々の業務においても強みの強化になります。その後背にある、芸術・文化までも視野に入れて、体験を交えながら勉強していきます。

  三つ目は、上記二つが、より多くの知恵と情熱の集積によって有意義なものとなるために、「東青協という場を青年印刷人が行き交うオープンな場にしたい、様々なつながりの基点としたい」ということです。そのために、ただ門戸を開放するだけにとどまらず、積極的に交流の機会を作り、それぞれの活動内容、情報伝達方法などを工夫し、より魅力的なもの、交流を深められるもの、そして明日への活力になるものにしていきます。

  上記三つの内容を踏まえ、活動テーマを「強く!楽しく!美しく!」と掲げさせていただきました。「強く:経営者として強く!変化に強く!」「楽しく:笑顔で交流、前向きに研鑽!」「美しく:デザイン力とセンスを磨こう!」ということです。これに向かって、組織としては3つの委員会(組織・研修・事業)とブロック活動で活動を推進してまいります。

  オリンピックが開催される2020年までの2年間、新天皇即位も予定されており、様々なエネルギー、多様な変化が噴出するであろうこの東京で、しっかりと活動し、必ず将来に資するものにしていきます。みなさま引き続きご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願い致します。

 

 

 

新旧議員交歓会

(千代田印刷人新世会所属 高橋 英司)

 

 私はこのたび、東青協議員のご指名を頂き、初めて新旧議員交歓会に参加しました。まず講演会として、東青協の所管でもある滝澤副理事長より、全印工連の新しい冊子「Happy Industry」の内容についてご講演を頂きました。様々な全印工連の事業が、印刷業界の今後に向かってどのように行われているのか、「Happiness」などのキーワードを紐解いてご説明頂きました。

 その後の懇親会においては、新旧議員の方々から、東青協に対する熱意が伺え、活気が満ち溢れておりました。そして、我こそは印刷業界に貢献したいという覇気もひしひしと伝わり、熱気と勢いが感じられました。

 更に、今回の新旧議員交歓会をより深く印象付けたのは、臼田理事長のお話です。「東京だけではなく、日本を、日本にとどまらず世界を見てほしい。世界を見ずにいるのは、世界という本の多くのページを見ていないことだ。」とのお話を頂戴しました。AIの発展や自動車の自動運転等、これからの激しい環境変化に対応するためには、世界に興味を持ち、情報と知識を蓄えることが重要だと考えています。そんな中、臼田理事長の御言葉は胸に深く刻まれました。

 今期は、今井新議長の下「強く!楽しく!美しく!」をテーマに活動していきます。そして、もうすでに様々な活動を行うため、着々と準備が進んでいると耳にしました。私はその中で、どれだけ関わって下さる皆様方に恩返し出来、貢献できるかを目的とし、日々精進していく所存でございます。

 

 

 

印刷産業青年連絡協議会 第18期定期総会

(東青協常任議員 岩村 貴成)

 

 去る5月12日(土)に日本出版クラブ会館にて印刷産業青年連絡協議会第18期定期総会が開催されました。今回は改選期ではないので事業報告ならびに事業計画が滞りなく報告されました。

  今期の主だった活動としては8月に恒例の移動サロン、11月に印青連100人運動会、12月に大忘年会を開催の予定。またホームページの運用強化を図り加盟各社の周知に努める予定です。

  講演会は保健師の三宅千鶴子氏が「生活習慣改善セミナー」と題し生活習慣病の予防と改善を紹介していただきました。講演前にはほとんどの参加者が血管年齢を測定し、他の団体よりもかなり悪いと結果が発表されました。やはり参加者はほとんど経営者か後継者ということもあり、日頃の体の酷使が数値となって表れていました。

  懇親会の余興は昨年はお笑い芸人の方を呼んでいましたが今年はグループに分けて合唱コンクールを開催しました。役員全員の美声が夜の神楽坂に響き渡りました。

ページトップへスクロールします