第1回教育研修委員会

  • 6 月28 日( 木)15:45 ~ 17:45
  • 日本印刷会館2 階 201 会議室
  • 滝澤所管副理事長、土屋委員長他委員20名

活動報告の内容

■委員会の運営体制等について

1.副委員長の選任

  土屋委員長が、富澤、大木両委員を副委員長に指名し、承認された。

  また、本委員会は2部会制での運営とし、社員教育部会を大木副委員長、経営者教育部会を富澤副委員長がそれぞれ部会長として担当することとした。

 

2.委員会開催スケジュール

  第2 回 9月10日(月)16:00 ~ 18:00

  第3 回 未定

  第4 回 未定

 

■事業計画の具体的推進について

  社員教育部会、経営者教育部会それぞれの事業の具体的推進について、土屋委員長が下記の通り説明した。

 

1.社員教育部会

(1)社員教育プログラムの実施

  「若手社員向け教育プログラム」「中堅社員向け教育プログラム」(平成30 年度14 講座中9 講座終了)のメニューについて、講座の受講推進を図るとともに、平成31年度のプログラムメニューを検討する。

(2)制度教育事業の推進

  「印刷営業講座」をはじめとした制度教育の普及を図る。今年度は「印刷営業講座」「印刷営業士認定試験」を行う。

(3) 技能検定「印刷職種(オフセット印刷作業)」「プリプレス職種(DTP作業)」への協力

  「オフセット印刷作業」については、8/6(月) ~ 8/9(木)に都立工芸高等学校、都立中央・城北職業能力開発センターにて実技試験を実施する。

  「DTP作業」については、1月に都立中央・城北職業能力開発センターにて実技試験を 実施する。

 

2.経営者教育部会

(1)「管理会計」による収益改善の啓発

  昨年度作成した管理会計Excelシート「未来会計図」および「管理会計を活用した経営の見える化ハンドブック」を活用したセミナーの企画・開催を進める。

(2) 雇用確保支援事業の推進

  組合員企業の求人情報を「イーアイデム」へ安価で掲載可能な特別プランについて、組合員への普及啓発を行う。

(3)都立中央・城北職業能力開発センターとの連携

  ①「印刷系在職者向け技能講習会」の検討・開催

  ②就職合同面接会への協力

 

3.全印工連特別ライセンスプログラム事業の周知と普及

  テクニカルセミナーの開催等を通じ、組合員への特別ライセンスプログラムの周知・普及に取り組む。

 

4.遠隔教育システムのコンテンツ開発

  全印工連の教育コンテンツ開発部会における遠隔教育システムを利用した動画配信についての検討に合わせ、東印工組独自にコンテンツの検討を進める。

ページトップへスクロールします