サイドブロック1


MUDとの出会い

  • 有限会社オフィス・エスツウ
  • 鈴木 幹宏

当社の取り組み内容

今年3月、東京都印刷工業組合主催の「経営者のためのMUDセミナー」受講の機会をいただき大変感謝しております。

 

実はそれまでにもMUD(メディア・ユニバーサル・デザイン)の名称を聞いたことはありましたが、カタログ制作上UDフォントを知っている程度で内容は詳しく知りませんでした。

そのセミナーで対象者の数が想像していたよりもはるかに多いことを知って興味を持ち、コンテンツブックや市販の本を読み進め、早速身近なこととしてUDフォントを使用した名刺を作成することから始めてみました。

 

学習の中で、「靴下の同じ色が履けなくて苦労した」とか、「紙がめくれなくて困った」「すれ違うのが怖い」など、中でも「焼けた肉がわからない」と言う健常者ではわからない問題点の連続に強い衝撃を受けたと同時に、すべての人に優しく、より多くの人が快適に利用できるよう配慮された施設・製品等が多岐に渡っていることも知り、製作物の重要性、情報発信の大切さを痛感しています。

 

現在進行している荒川区の仕事でも、MUDを意識し取り入れて制作を進行しております。東京は大阪よりもMUDの取り入れが少ないという現状も気になるところ。制作に携わる者としては色やデザイン、文字のほか材質などにも創意工夫・配慮を加え、より多くの人にスムーズに情報を伝えられるよう心がけ、今後は認定試験やメディア・ユニバーサル・デザインコンペディションにもチャレンジして、災害での情報弱者がより厳しい状況にならないように、MUDをその解決に役立てていきたいと思っております。

組合員となってのメリット

まず第一に良かった事は、同じ業界の仲間たちとの新しい出会いを通じて活きた情報交換ができることです。第二にはさまざまな講習会、勉強会にリーズナブルな料金で参加することができ、非常に役立つ内容に組合員のメリット感じています。

 

これからも時間を作って参加する機会を多く持ちたいと思います。

画像クリックで拡大できます

ページトップへスクロールします