令和4年度 第3回環境労務委員会

  • 2022年11月29日(火) 15:30~17:30
  • 日本印刷会館5階 東印工組会議室
  • 白橋所管副理事長、小島委員長ほか委員18名

活動報告の内容

■委員会の運営
(1)環境推進工場登録講習会の開催結果
 ①東京 新規講習会(10/17) 受講:10 社13 名
 ②東京 更新講習会(10/31) 受講:12社15名
(2)第70回GP工場認定募集
(3) 電気料金値上げに関する緊急アンケートの実施結果
 ※実施結果は先月号に掲載済
(4)就業条件・給与等実態調査の実施結果
 ※実施結果は本誌p.12 ~15に掲載
(5)セミナーの開催
①「 『リスクと機会』で考える、印刷産業における環境への取り組みとSDGs」セミナー
 日 時:令和4 年11月9日(水) 18:00 ~20:00
 講 師:西原 弘 氏 (㈲サステイナブル・デザイン)
 受 講:会場 6 社10名、web 6 社6 名
②「 それってハラスメントかも?!~しない、させないハラスメントの予防方法~」セミナー
 日 時:令和4 年12月2日(金) 17:30 ~19:30
 講 師: 小倉 絵里 氏 (環境労務委員会特別委員、㈱GIMS)
 受 講:会場 6 社8 名、web 6 社6 名
③ あなたの会社は大丈夫?知らなかったでは済まされない労働法と労働基準法改正セミナー
 日 時:令和5 年2月3日(金) 17:30 ~20:00
 講 師: 小倉 絵里 氏 (環境労務委員会特別委員、㈱GIMS) 
 参加費:会場・web 2,500円


■ 令和5年度環境推進工場登録講習会(5月・10月)への受講者推薦依頼
 今年度同様、次年度も各支部から講習会受講者を推薦する。


■環境推進工場登録新規取得費用助成について
 新宿・中央・墨田・練馬の各区ではGP認定新規取得費用の助成制度がある。環境推進工場登録制度もこれにならい、助成の対象に加えるよう自治体への陳情活動を委員会で推進する。


■環境情報
(1) 安全衛生法関連の法改正(令和4 ~ 6 年順次施行)
 ① ラベル・SDS通知、リスクアセスメント対象物質の増加
 ② リスクアセスメント結果に基づくばく露低減措置
 ③適切な保護具の使用
 ④自律的な管理に向けた実施体制の確立
(2) 低濃度PCB廃棄物の処分 (令和9年3月末まで)
(3)第21回印刷産業環境優良工場表彰募集
 1次審査:11月18日~1月31日
 2次審査:2月中旬~ 4月初旬


■労務情報
(1)公金受取口座登録制度と保険給付
 公金受取口座制度とは、給付金等の受取口座として、一人一口座を国(デジタル庁)に任意で登録する制度である。事前に預貯金口座の情報をマイナンバーとともに登録しておくことで、災害などの緊急時の迅速な給付が可能となる。
(2)マイナンバーカードと健康保険証の一体化
(3)厚生労働省「育メンプロジェクト」
(4)育児休業に関する確認書・説明書について
 労働者本人や配偶者の妊娠・出産について報告を受けた際、会社は速やかに育児休業、出生時育児休業、給付の支給や社会保険料免除等の諸制度について該当者にアナウンスする義務があるので、早めに個別周知や意向確認の文書を準備しておくことを勧める。また、育児休業に関する法改正について就業規則の改訂や労使協定の締結が済んでいるかいま一度確認してほしい。

ページトップへスクロールします